Loading

BLOG

代表の布施田 祥子 (Sachiko Fuseda)の近況

早いもので1月ももう終わりですね。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
2020年、個人的にかなり波乱な幕開けとなりました。

ちょっと長文になります💦

昨年クリスマスを過ぎたあたりから原因不明の高熱が続き、年末にまたしても緊急入院💦
そんなわけで年越しは1人寂しく病院のベットでした。
紅白もジャニーズカウントダウンもいつもなら当たり前のように娘と観てるけど、毎年家族揃って年越しが出来ることって、実はすっごく幸せな事なんだと実感した年末でした。

そんな状況の中、父が30日に別の病院に緊急搬送されました。そして年が明けてまもなく、還らぬ人となりました。
その日は父の75回目の誕生日の前日。

近くに住んでいながら、最後に言葉を交わしたのは2ヶ月も前のこと。
入院中の病院から駆けつけ、なんとか間に合ったけど、もう言葉を交わすことは出来ませんでした。こんなに急に永遠の別れがくるなんて思ってもいなかったので、未だに色んなことが悔やまれてなりません。

父は定年後は町会長として長年努めてきました。家では自分のことはもちろん多くを語る人ではなかったので、正直どんなことをしていたのかよく知りませんでした。
でも葬儀には県知事や市長をはじめ若い方からご年配の方まで、想像以上に多くの方が弔問に来てくださって、家族も驚きました(笑)
たくさんの方に感謝され、惜しまれながれ旅立っていった父は幸せ者です。
私はそんな父を誇りに思います。

写真の絵は、棺に入れられないスニーカーを
うちの娘ちゃんが絵に描いてくれたもの

本当に人の死はあっけないものです。
ありきたりだけど…

だからこそ、悔いや後悔のない人生を送りたい。それはたとえ障害や病気があったとしても同じこと。

いつ人生の終わりが来ても、幸せだったと自信を持って言えるように、1日1日を大切に、1分1秒無駄の無いように生きないといけないな。

障害や難病を克服し、起業した私のことを誰よりも応援し、自慢に思い、喜んでくれていた父の為にも、私も沢山の人に喜んで貰えるような仕事をしていこうと思います。

今は、頼れる仲間達がいてくれることに日々感謝しながら、もう少しだけ心と身体を休めて、マイペースにスローペースに進んでいきます。

改めて、2020年もどうぞ応援、ご支援よろしくお願い致します。

『自分らしく生きることを諦めない世界
選択肢のある日常が当たり前になる世界』
by LUYL Inc.

群馬県作業療法士学会に参加された「ウルトラのパパ」さんが、講演の感想をブログにのせてくださいました

仲間たちのクラウドファウンディング挑戦を応援しています!

関連記事

  1. 梨を頂いたので、剥いてみました

    2018.09.09
  2. 空の玄関「保安検査場」でのとっても残念な出来事

    2022.08.03
  3. 新年のご挨拶

    2019.01.10
  4. NOBUKOFUとコラボでステッキストラップ制作決定!

    2019.01.21
  5. 娘11歳、母ももうすぐ11歳

    2022.08.11
  6. 装具が壊れて。。。

    2020.07.18

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP