Loading

講演・ワークショップ

講演・ワークショップについて

一人の女性として、妻として、母として、難病や障がいをかかえる当事者として、そして今、世界をより良くするために立ち上がった起業家として、株式会社LUYL代表の布施田が多面的な立場とこれまでの自身の体験をもとに講演を行います。

講演、登壇実績について

◆東京工科大学作業療法学科医療保険学部作業療法学科(学生向け) 
 
・講演
・トークセッション
・当事者モデルなど

「作業療法士は、当事者になって始まる新たな人生において、初めて出会うサポーターです。だからとても大事な存在なんです。」自身の度重なる病、障がい当事者になってから起業するまでの道のり、自身の心の変化にリハビリ職の人たちがどのように影響したのか?自身のこれまでの体験や感じてきた思いをもとに当事者のリアルな視点で作業療法士の魅力をお伝えしています。また、当事者参加型の授業では、現場へ出る前の学生たちに、当事者に触れてもらい生の声を届けることで、現場でも通用する生きた授業をお届けしています。

◆ 埼玉県立伊奈学園中学校 総合学習「福祉」の授業 

・講演
・ワークショップ
・もの作りプロジェクト
・デザインコンペなど

「困難は自分が成長するために与えられた神様からの贈り物」闘病生活から社会復帰、そして起業。これまでの経験を通して感じてきた、自分らしく生きることの大切さについて語ります。また、「障がいってなに?」「心のバリアフリーって?」マイノリティと思われる人々の想いや個性、また日本における福祉の社会課題について、トークディスカッションやワークショップ、模擬体験を通して学んでいきます。その他、「これからの企業・社会が、福祉についてできること」について、各企業、医療関係者とともにコラボレーションプロジェクトを通して学びます。

◆回復期リハビリテーション病院 (入院、外来、通院患者様、院内スタッフ向け)

・講演  
・グループディスカッション
・「セレクトショップ・マナオラナ 」ポップアップ出店など

「リハビリをする患者のみなさんに、退院してもこんなカッコイイ選択肢があるという世界をみせたい」というご要望を受け、院内に1日限定のポップアップショップ「セレクトショップ・Mana’olana」をオープン。また自身も産後8日目に脳出血を経験し、そこからどう立ち上がり、どうして起業することになったのか?リハビリ時にどうようにモチベーションをあげたのか?当時の思いや、起業したからこそ知った当事者として感じる課題、そして今も難病(クローン病)を抱えながらも自分らしく生きることを諦めない理由について語ります。

教育機関
医療機関
行政機関
企業・その他

教育機関での実績

2020/8/22(オンライン)東京工科大学オープンキャンパス
オンラインで作業療法学科准教授の澤田先生とトークセッションさせていただきました。 「作業療法士は当事者になって新たに始まる人生において、初めて出会うサポーターであり、とても大事な存在なんだ」当事者としてこれまでの体験や感じてきた思いをもとに作業療法士の魅力をお伝えしました。

2020/5/20(オンライン授業) 東京工科大学
四年生の臨床実習に、 オンラインで協力させていただきました。ゴルフに挑戦する事を目標にしているクライエントに対して各チームが考えてきた運動にチャレンジ。実際に麻痺のショウガイを持つクライエントがどんな動きをするのか?どんな動きができるのか?を見てもらいました。

2019/12/25 東京工科大学
学生のみなさんの開発した「今ある衣服をちょっとした工夫で障がい当事者に着やすいものにする」製作発表会を見学、その後「自分らしい選択「をテーマに、障がい当事者と作業療法士の理想のつながりについて講演させていただきました。

2019/12/13 埼玉県立伊奈学園中学校
伊奈学園中学校の一年生のみなさんに、1限目は「障がいってなに?」をテーマにワークショップを行い、2限目は昨年同様「自分らしく生きる」をテーマに病気、障害を通して今思うこと、そしてMana’olanaの立ち上げまでの軌跡をお話しさせていただきました。

2019/9/11 自由の森学園高等学校
埼玉県主催「出前起業家講座」からの依頼で、講師をさせていただきました。

2019/6/28 埼玉県立蓮田特別支援学校
埼玉県主催「出前起業家講座」からの依頼で、講師をさせていただきました。

2019/2/28 埼玉県立伊奈学園中学校
中学1年生の総合学習「福祉」のおいて講師をさせていただきました。前半は「心のバリアフリー 人ができること、人にしかできないこと」をテーマにグループワークをしてもらい、後半は「自分らしく生きる」をテーマに病気、障害を通して今思うこと、そしてMana’olanaの立ち上げまでの軌跡をお話しさせていただきました。

2018/11/26 東京工科大学
授業のモデル(模擬患者)兼、講師をさせていただきました。

2018/8/25 東京工科大学
オープンキャンパスで「当事者から見た作業療法士の魅力」をテーマに登壇させていただきました。

2018/5/19 東京工科大学
模擬患者として臨床運動学の授業に参加してきました。

2017/12/8 東京工科大学
当事者だからこそわかる作業療法士の魅力、役割、また理想について、経験をもとにお話しさせていただきました。

医療機関での実績

2019/12/8 群馬県作業療法士学会
「当事者が思う、作業療法士と理想のつながり」というテーマで講師として登壇いたしました。

2019/11/2 イムス板橋リハビリテーション病院
【出張Mana’olana】開催 院内に1日限定のポップアップショップをオープン。また、自分らしく生きる為に靴作りを始めた、イムス板橋OGの布施田自身が自らの経験を通して今思うことを話しました。

2019/3/9 日本臨床作業療法士学会
全国の作業療法士が集まる研修会にて当事者の立場から思う「リハビリテーションにおける目標設定 」をテーマにお話しさせていただきました。

行政機関での実績

2019/10/3 創業ベンチャ支援センター
「女性創業スタートアップ塾」セミナーにおいて、先輩女性起業化の一人として、ビジネスプランコンテスト出場の経験談を含めた、起業までの軌跡をお話しさせていただきました。

2019/4/26 創業ベンチャ支援センター
創業ベンチャ支援センターが運営するcocoオフィスの視察に、内閣府副大臣が訪問され、女性起業家の一人として懇談会に出席、意見交換させていただきました。

企業・その他の実績

2020/9/7 超福祉展2020 シンポジウム
「New Standard Shoes Project 【教育 × 企業 × 福祉】が産み出す新しい選択肢」 ご視聴はこちらから
おしゃれで、かっこいい、そして障がい者も履ける靴のデザインコンペ。中学生、大学生が、モノづくりを通して、社会がもつ不平等などの課題をより深く理解し、解決するためのアイデアを練り上げています。人を「障がい者」という枠で括らない靴、人生を楽しむための「夢の靴」のデザインを提案、発表を行いました。

2020/9/4 超福祉展2020 シンポジウム「誰でも働ける未来のオフィスとは?」 ご視聴はこちらから
株式会社オカムラのCO-ENラボを最新オフィスから、これからの働く場がどのようになるべきかを、様々な立場から意見交換、トークセッションしました。働き方が大きく変化した今だからこそ見えてくる、感じ取れる理想の働く場とは?

2020/9/3 超福祉展2020 シンポジウム「にっぽんの要 わかる・かわる 介護・福祉とカルチャー」 ご視聴はこちらから
「介護・福祉」は先端ファッションに通じる! 若者たちが介護や福祉の現場を体験し成長する姿を追いかけ、俳優・要潤さんらが介護・福祉のいまとこれからについて学び考えるBSフジの番組「にっぽんの要」。放送予定のセカンドシーズンに登場予定の「超介護・福祉プレイヤー」と一緒トークセッションを行いました。

2019/9/6 超福祉展2019 シンポジウム 「靴から始まるオシャレ」 ご視聴はこちらから
「靴からはじまるオシャレ」をテーマに、合同会社アラドナ+の加藤千晶さんと車椅子ユーチューバーの中嶋涼子ちゃんとトークセッションしました。マイノリティの人達にも平等に選択肢を作ろうと日々奮闘する作り手と使う側の当事者が共にものづくりの未来形について語り合いました。

2019/7/14 「かるぺでぃえむフォト×夜の図書館展」シンポジウム
宮城県多賀城市で開催された「かるぺでぃえむフォト×夜の図書館展」にて約1か月靴の展示をさせていただきました。またシンポジウムでは合同会社アラドナ+の代表加藤千晶氏と「障がい当事者のファッションと未来」についてお話しさせていただきました。

2019/6/21 NPO法人ReMindの設立記念パーティー
代表理事を務めるNPO法人ReMindの設立記念パーティーにパネリストとしてご招待頂きました。

2019/4/28 NPO法人脳卒中フェスティバル
「ここが変だよ!医療人~当事者と医療者で考える理想のカタチ~]に当事者の一人として登壇させていただきました。

2018/11/8 超福祉展2018 シンポジウム 
Choose your life!! 「オストメイトの片麻痺当事者が自分らしく生きるために選択肢をつくるということ」 ご視聴はこちらから
難読症という障害を持ちながらも起業され一般社団法人ありがとうショップの代表を務めている砂長 びんさんと、NPO法人ピープルデザイン研究所の代表理事須藤シンジさんと、障がいを持ちながらも自分らしく生きることについてトークセッションを行いました。

2018/10/23 フレンチジュエリーブランド・カルティエ
カルティエの本社にお邪魔して、国内のブティックマネージャーほか約80名の方々を前に「女性であり母であり、また障害を持つ企業家としての生き方について」をテーマにお話しさせていただきました。

2018/9/13 日本財団SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA
LGBTQをテーマに、障がいの当事者であり、女性起業家の一人としてトークセッションさせていただきました。

 


講演・ワークショップのご依頼・ご相談にあたって


主催者様の求める成果や目的に合わせてカスタマイズし実施いたします。まずはお気軽にお問合せください。

講演・研修依頼、ご相談はこちら

 

PAGE TOP