Loading

BLOG

伊那学園中学校でワークショッププラス講演を行いました

伊奈学園中学校の一年生のみなさんに、布施田が「障がいってなに?」をテーマにワークショッププラス講演を行いました。昨年に引き続き、二回目の登壇です。

まず障がいを体験してもらうワークショップからスタート。装具を着けたり、アイマスクをしたりして、実際動いてみた中学生のみなさんは、次々と「ここが困る」「解決するにはどうするか」を付箋に記入していきます。どのグループも真剣に討論していて、最後にそれぞれのアイデアを発表していきました。
中学生パワーすごい。

後半は布施田祥子が講演を行いました。自身の経験したことと、そこで何を想い、どう立ち上がっていったか。そして今なぜ起業したのか。
1時間あまりのワークショップの後にもかかわらず、中学生のみなさんは息を呑んで聞き入り、静かにメモをとり続けていました。そして最後の質疑応答では、本音の質問が相次ぎました。

今回のワークショップを依頼してくださった伊奈学園の先生方も、中学生のみなさんも、日本の若手は素晴らしかったです。

11月9日と10日の試着会御礼!

会社設立のご報告

関連記事

  1. 超福祉展終了! 楽しかったです!

    2018.11.15
  2. 障がいがあってもなくても関係ない、誰もが同じように着られる服

    2018.08.18
  3. 3Dプリンターを使う靴屋さんに行ってきました!

    2018.12.25
  4. 仲間たちのクラウドファウンディング挑戦を応援しています!

    2020.02.01
  5. 2月28日 伊那学園中学校で講師をつとめました。

    2019.03.04
  6. 会社設立のご報告

    2019.12.31

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP