Loading

BLOG

片麻痺の母と娘のUSJの遊び方

旅の始まりはいろいろあったけど、
なんだかんだと、楽しく終えることができました。

今回の旅、実は行く前から結構ドタバタしてました
というのも、もともと母と姪っ子と娘と、京都女子旅を計画していたのだけど、
出発の3日前に母がコロナ陽性と分かり土壇場で中止に。
でも、娘の誕生日も兼ねていたので、「2人で行くか!?」ということで、急遽行き先を変更。

あれもこれも乗ろうと決めて行ったものの、あまりの暑さに親子そろって心が折れて、
結局乗ったのは、ジュラシックパークザライドとジョーズのみ(笑)

ジュラシックパークザライドは想像以上に急角度で勢いよく落ちたので焦りました。
途中いやにのぼっていくな~と思ってたんだよ。そしたら案の定。。。

ジェットコースター系は、腕が風力に逆らえず飛ばされてしまいそうになって危ないから
今回もちゃんと麻痺手が飛ばされないように娘がガード。

小さいころからディズニーに連れてっても、早くホテルに行きたがり
テーマパークよりホテルを満喫する方が好きな娘は、5年たって久しぶりのテーマパークでも相変わらずで

「もう十分じゃない?今日のところは楽しんだでしょ。」と、冷めた発言(笑)

「まだ2つしか乗ってないじゃん」と思いつつも
母は暑さで体力を消耗し、麻痺足も限界に来ていたので、即うなずき
正味5時間ほどでUSJにサヨナラ。

お部屋は運よく全面ガラス張の角部屋にアップグレードができ、
USJを見下ろせる景色を存分に楽しむ娘

こうして私ら親子なりにUSJを満喫したのでした。

余談・・・

最近いつも、旅行に行くと思うことがある。
片麻痺で杖ユーザー、車いすで生活するほどでもない人が旅行に行くと足の負担が半端ない。
足が痛くて休憩したくてもベンチを探すのに、また歩かないといけなかったり
神社や観光名所だと、階段や坂があったり、道が悪かったり。。。

結局、旅行に行くことをあきらめてしまうのは
行った先で思うように満足に歩けないんじゃないかという不安もあるからなんだと思う。

だから、駅前とか街中でレンタサイクルが増えてきたように
街中や観光先、海外に行った時でもWHILLが気軽に使えて、乗り捨てもOKになったら
私のような障がい当事者にとって、ものすごく旅行のハードルが下がってチャレンジしやすくなるだろうな~なんてことを思っているw

↓ これがWHILL

どうか世界中に普及されますように!

ポインテッドパンプス‐シャンパンゴールド‐

スタッフブログ始めます。LUYLってどんな会社?

関連記事

  1. Nail Le Braille

    2018.09.01
  2. 空の玄関「保安検査場」でのとっても残念な出来事

    2022.08.03
  3. 発信が苦手な社長なんです。

    2022.07.28
  4. 娘11歳、母ももうすぐ11歳

    2022.08.11
  5. こんなの欲しかったんだ~!

    2020.08.05
  6. フットセラピー受けてきました!

    2018.09.07

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP