Loading

BLOG

お客さまのしんぱいごと③ 調整ってどうやるの? ワタシサイズのサンダル体験記

2021年の新商品のサンダルを、スタッフの栗田が「ワタシサイズ」に調整した体験記をお届けします。調整ってなに? どうオーダーするの? の疑問にお答えします。

ひとそれぞれの足の悩みに寄り添いたい

もともとは下肢装具ユーザーのオーナーが「下肢装具ユーザーにあう素敵な靴が欲しい」という願いからスタートしたブランドMana’olanaですが、ご存知のように決して「障害者用の靴」ではありません。フツーのおしゃれなデザインに、ちょっとだけ誰かのための工夫を凝らす。その視点が思いのほかに、いろいろな悩みを解決しています。例えば、スタッフの栗田は、幅広甲高。骨が柔らかく、とくに右足の幅が半端ないんです。だからといって広めの靴を選んでいると、左足にあわず、どんどん足幅が広がる&外反母趾になっていきます。難しい!

そんな悩みを解決するのが、今回の新商品ストラップサンダルなのです。https://luyl.shopselect.net

右と左、サイズが変わってもいいじゃない

例えば、こちらの写真をごらんください。左右サイズ37のサンダルをはいています。

 

 

 

ご覧のとおり、右側だけ足の幅が大きめなため、下のマジックテープ(黒い部分)がでちゃっています。

 

 

 

 

他は、両足の足長(足の爪先からかかとまで)、左足幅は、このサイズでぴったりOK!
従来の靴だと、このまま靴のサイズを両方38にあげるしかできませんでした。

しかし! Mana’olanaの靴は違います。まず「ワタシサイズ」で、右だけを38にアップ!

 

靴のソール(底側)とアッパー(上側)がかわってもいいじゃない

右側だけサイズアップすると、横幅はぴったり! 足に余裕が生まれます。
でもよくみてみると、38は足長が大きすぎる。せっかくの爪がきれいにでない状態です。
そこで、ソール(底側)は37で足長にあわせ、アッパー(上側)は38にサイズアップして上側だけ足幅に合わせるのです。
栗田のオーダーは「ワタシサイズ:左37,右ソール37,右アッパー38」となりました。

 

 

大切な足にぴったりサイズを

新商品のこのサンダルは33(約21〜21.5cm)から39(約24〜24.5cm)までのご用意があり、下肢装具ユーザーや、足の幅広さん、逆に足幅が狭くてお困りの方、左右サイズが違う方たちに好評をいただいております。
ぺたんこながら足をすっきりみせるストラップ、女性らしさをただよわせるフォルム。選べるカラーで自分らしさを思いっきり楽しめます。
夏のラフなおしゃれを格上げする素敵サンダルを、ぜひ「ワタシサイズ」で手に入れてください。

Mana’olanaブランドで取り扱う靴は、すべて、
・右と左、別々のサイズでオーダーOK
・キツイ場合や下肢装具ユーザーの場合、ベルトの調整などで若干のサイズアップOK
・ベルトで甲部分の調節OK

お買い求め、お問合わせはこちらまで。
https://luyl.shopselect.net

NSSP2021@伊奈学園 Vol.2

NSSP2021@伊奈学園中学校5/28  いよいよ靴作り

関連記事

  1. 理学療法士って

    2022.09.20
  2. 装具でも履けるパンプス EKAHI BLK

    2021.07.01
  3. 新登場!オリジナル AROMA マスクスプレー

    2020.10.27
  4. フットセラピー受けてきました!

    2018.09.07
  5. まずは「小さな変化」から。

    2022.08.10
  6. お問合せTOP3

    2022.08.17

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP